マイルためてどこいく??

マイル系ブログの情報を元に実践してマイルを貯めて北海道から世界中に旅するブログ(貯まらなくても旅します)

初めて台湾行って来たので台湾初心者へのすすめ(旅の始まりと空港&台湾市内までの行き方編)

今回の日程は2泊3日エバー航空 千歳発→桃園着 往復で予約

金額にして往復で¥40770

高いんだか安いんだかよくわからない。LCC使えばもっと安いだろうけど

台湾まで一発ばん!のほうが楽だし、それ考えたらいいとこの値段ですよね

 

 

ホテル

travel.rakuten.co.jp

2泊で6,400TWD

日本円でおそらく×3.6円くらいだから¥23040

予約日10月くらいのレート3.1円位¥19840

なんか印象違う

予約時決済と現地決済の選択は難しい

 

ホテルの決め手

  • 清潔そうなホテル
  • 地下鉄すぐそば
  • 立地
  • 手頃な値段
  • 日本語を喋れるスタッフ在中

 

通信手段

 

観光と移動手段

  • 桃園空港から市内まではバス移動 ¥145TWD
  • 地下鉄ワンデーパスで縦横無尽に出撃
  • 個人タクシーでの1日観光

両替

  • 到着時の空港内のみ

 

じゃレッツゴー!

 

エバー航空エコスーパーセール 

ってのがありまして安いというのと

ANAと同じスターアライアンスですので僕のスタアラゴールドの恩恵はどんなもんかと、、、

予約時が10月頃で出発が1月でしたので四ヶ月後の出発をキャンセル不可で予約するのは少し怖く予約実行まですこしダラダラ日数を空けてしまい、スーパーセールが売り切れで

往路セーバー料金     予約クラスM エコノミークラス エアバスA321

復路スーパーセール料金  予約クラスW エコノミークラス ボーイング747−400

往復で違う料金クラスに、料金にして2000円高位だったのですが

この予約クラスの違いによってどうなるのだろうと思ってプリントアウトした予約情報を眺めていたら

 

クラスM→予約変更可(条件あり)、実績マイル×100%、マイルアップグレード可

クラスW→予約変更不可、実績マイル×50%、マイルアップグレード不可

 

目立つ違いはこの位

 

チェックイン!初千歳空港国際ターミナル

 エバー航空は端っこのカウンターでした。

そしてきっと外国人の方で混雑しているところを私のスタアラゴールドの威力で

並ばず素早くチェックインできると予想していたのですが

エバー航空のカウンターに並んでる方

0人

すんなりチェックイン

チェックイン後ラウンジへ

ラウンジ受付の方に搭乗券とSFCを提示

 

受付のお姉さん 

えっ!!

 

えっ!!(スタアラゴールドだからラウンジ同行者と入れるんだよね、、、)

 

受付のお姉さん

エバー航空カウンターに電話。

ゴールドカード持ってる人来てるんですけどjふぉくぃ、、

どうぞ!そちらが入り口です(航空系ラウンジとカード系ラウンジの入り口が一緒のため)

 

ほっ☻ 

 

SFC取得後初めての国際便だったのですが、よそのスタアラ航空会社のカウンターでも事前にSFCを出さないとダメなんですねえ。。

直接ラウンジに行って

ほいっ と

SFCとか出しても初心者丸出しみたいですね。

 

話は飛んで帰りの復路でのお話なのですが

往路でラウンジの方がエバー航空カウンターに電話してくれたおかげで私のANA番号が復路でもすでに登録されていて

チケット見るとANA番号とゴールドの

G

の文字が印字されていました

 

こうゆうことね。

これなら

そのままラウンジ行ってオッケーってことね、、

わかりましたよーーっと

で後日マイルもANAの方で入ってました!

 

 

往路は座席数の少ない機材だったのですが

復路はビジネス、プレエコ、エコノミーと揃ってる大きな飛行機で

なんとプレエコにアップグレードされていました

f:id:yu-tokun:20170122160100p:plain

席間違ってんでね~かっっ!?と

3回くらいチケットと座席番号照らし合わせたのですがあってるんですよね

チェックインカウンターの方は英語でしたので僕が聞き取れなかっただけ?

うーん、、アップグレードの告知は無しなのか?

まっ嬉しいかったし、とても体が楽でした。

SFCの恩恵と思っておこう、そしてもう調べない。

 

TPE発のチケットにはNH*GとANA番号が印字されていて

右上のおそらく優先搭乗順の数字も4→1に上がっている

帰りのラウンジ入場はすんなりでした

スタアラゴールドを活かすってのはこうゆうことね 

話は戻り

 台湾桃園空港到着後することまとめ(第2ターミナル)

  1. 両替
  2. SIMカード購入
  3. 市内行きバスチケット購入

てな流れで

そこまで広くないんですが、初めて&ごちゃごちゃしているので混乱しますが、MAPで見るとシンプル ↓

f:id:yu-tokun:20170122163822p:plain

初めての台湾なので

入国後、空港内を下に行ってみたり上に行ってみたり、どこに何があるかぶらついたのですが

特に何もなし

下の階にフードコートがあるのでお腹が減っていたら少し腹ごしらえしてもいいかもしれませんが

上のMAPの順でバス乗ればもののタイミング合えばロビーに出てから15分もかからず空港から出発できそうです

 

①両替

調べたところ市内で両替所や銀行に突撃するよりちゃちゃっと空港内で済ませちゃったほうがいいみたいで手数料も大したことないとの情報でここで両替。

ホテルや空港など、それなり?のお店ではクレジット決済可能ですが、屋台や地下鉄など細かいお金は必要とのことで2万円を両替しましたが、今回の旅では2万円分の両替で少し余るくらいでしたのでちょうどよかったと思われます

 

SIMカード

入国後ロービーにでて左側に進むとSIMカード屋さんが3軒並んでいますがどこの会社もたいして変わらないとのの情報でしたので一番手前の

中華電信で購入

中華電信 3G/4Gプリペイドカード

受付のお姉さんに

シムフリー??と聞かれますので

イエス!と答えプランを告げると後はパスポートのコピーとシムの入替えをやってもらえます。

f:id:yu-tokun:20170124102653p:plain

今回は二泊三日なのでこれ

 

スリーデイズプリーズ。

私はiPhoneなのでSIMカードを入替えてもらった後アップルIDを打ち込まないといけませんので一旦返されるので打ち込み

もう一度お姉さんに返し設定してもらって完了、後はもともとのSIMカードを絶対なくさないようポッケにしまいます。

帰りは元のSIMカードに戻さないといけないので

iPhoneのSIMカード取り出しのピンを持参しないといけません。

 

実際二泊三日使ってみた感想ですが

まずは

SIMフリー機持ってんなら積極的に活用したほうがよい。

  • 今までのAU世界定額でしたら1日で1000円しないくらいなので費用1/3
  • 電波状況、全く問題無し
  • 今回九份など山の方にも行ったのですが問題なし
  • 電話番号も新たにつくので現地で何処かに電話するのにも心配なし
  • しかし電話番号が変わるので、もともとの電話番号が不通になり日本との連絡はメールやラインなど限られてしまうので、仕事上もともとの番号を残したい場合はAU世界定額もしくは、ルーターレンタルに限る

1番は余計なもの持たずに日本と同じ感覚でスマホを持ってられるってのに料金が安いってのがいいですね。

 

③バスチケット購入

 市内って行ってもどこに行くかにもよると思うんですが

今回の滞在ホテルが

f:id:yu-tokun:20170124134754p:plain

f:id:yu-tokun:20170124134814p:plain

f:id:yu-tokun:20170124134827p:plain

f:id:yu-tokun:20170124134855p:plain

忠考復興駅まで行くバスの乗車

空港のバスチケット売り場

バス会社もいろいろ

さっきの地図らへんに行くには

4番窓口

バス番号

1960

帰りのバスも

1960

145TWD

このバスのいいところは

空港と市内までの間に停留所に止まらないのでいいらしい。

さっくり行けるってことで今回はこのバスで

 

今回の台湾旅行では地下鉄を利用して夜市に繰り出したりしたのですが台湾市内は

地下鉄がかなり発達していてどこでもいけちゃうのですが

桃園空港までの路線が2017/1現在もう少しで開通するそうで

よりさっくり空港から市内までの道のりが簡単になっちゃいますね

バス会社たいへんだ。。

 

ではまた!